Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/include/common.php on line 39

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /virtual/mellowlife/public_html/life/class/errorhandler.php on line 199
メロウライフ館 - フォーラム
メロウライフ館へようこそ 登録して投稿しましょう   
メインメニュー
検索
メイン
   健康と病気
     太明堂さんの「がんが治った話」
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-5-18 23:24
太明堂さんの「がんが治った話」
えーと申します。
私の知り合いで山口県で整骨院を開業なさっている太明堂さんからすばらしいお話しを聞かせていただきました。
ご本人の許可をいただいてここに載せさせていただきます。不治の病と言われるガンからの生還のお話しです。とても示唆に富んだお話しです。長いですから3つに分けて載せさせていただきます。
ーーーーーーーーーーここからーーーーーーーーーー


私も若い頃はサラリーマンをやっておりました。同じ会社の同じフロアに、Yさんという10歳年上の同僚がいました。二人は部屋の隅と隅に離れて配置されておりましたが、顔をひと目見た時に、「コイツ!なかなかヤルナ!」と、お互いに思いました。仕事のことではありません。

 会ってその日から、この部屋は、仕事をする部屋ではなくなりました。私とYさんが部屋の端と端から冗談を飛ばすので、中にいる女性社員や他の若い男性社員は毎日朝から晩まで笑わされて、隣の部屋にいた怖い上司のKさんでさえも、注意しに来て、笑って帰っていく、言わば私達の演芸を披露する劇場となりました。

 その私達が原因の全てではなかったと思いますが、その会社は4年後に倒産しました。この場をお借りして、心からお詫び申し上げます。

 このYさんと私の共通の知り合いに、Mさんという海産物の卸会社の若社長がおりました。このMさんは、生真面目で、私達がいくら苦心のジョークを飛ばしても、暫く考えて、引きつったような顔をして、クスクスクスと鼻で笑って、すぐに真顔に戻そうと努力する人でした。

 でも、Mさんの人柄が、私もYさんも大好きでした。Mさんは、家族思いで、社員思いで、誠実で、天使のような人でした。頭もハゲて光っていましたし。

 このMさんが、ある日突然に心臓発作で倒れて救急車で病院に担ぎ困れました。私もYさんも非常に心配しました。「あんないい人が何故だ」と思いました。
 しかし、心臓が止まって医師も諦めかけた時に、運良く心臓がまた動き始めました。九死に一生を得るという、まさにそんな出来事でした。

 このMさんが退院して2週間経った頃、あの世に行った臨死体験の話を聞かせてくれるというので、三人は上野の喫茶店で落ち合いました。まだMさんは、お医師さんからお酒を禁止されていた頃だったと思います。

 会ってみると、意外にもやつれてはいませんでした。Mさんは、いつもの通り真面目に、あの世の出来事を、ポツポツと語り始めました。

 まず最初に、きれいなお花畑があったそうです。その先に目をやると、美しい女性が三人立っていて、手招きをしていました。そして三人は透け透けのネグリジェーのようなものを身にまとっていたと言うのです。

 Mさんは、この時ハッと我に帰り、家族のもとへ帰ろうと思ったそうです。これが再び心臓が動き始めた時だと言うのです。
「良かったですねー」と私は言いました。「ありがとうございます」とMさんは、しみじみと嬉しそうな顔をして答えました。

 隣にいたYさんも、遅ればせながらと口を開きました。

「そ の 女 達 は、シ タ ギ を ツ ケ テ イ タ か ?」

「ナ ニ イ ロ だ っ た か ? 」

「 ピ ン ク か ?  ナ ナ イ ロ か ? 」

 真面目なMさんは、思い出そうとしていましたが、「そんなこと、分からないよー。必死で引き返して来たんだから」と答えました。

 「Mさん困るじゃないか。ちゃんと見てきてくれなきゃあ。そこが知りたいんだから」と、Yさんは真面目なMさんを責め立てました。

 いや、前置きが長くなってしまいましたが、このスケベな、いいえ本当は真面目なYさんが、実は末期ガンの自然退縮の経験者なのです。
 自然退縮とは、治療とは無関係にガンが消える現象のことを言います。自然退縮学会というものもあります。

 このYさんのガンとの取り組み方に、自然退縮をした人達に共通するところがあって、私はよく、ガンを患った方にお話しすることがあります。
 手術を受ける方にも、化学療法を受ける方にも、西洋医学の限界を超えた方にも、参考になる話だと思いますので、次回、この内容についてお話します。



Yさんという人は、本当にいい人でした。彼のような人は表面とは違って、意外にも心の中には沢山の悲しみや苦しみを抱えているのではないでしょうか。
 彼は40歳の時に、スキルス性の胃ガンになりました。進行の早いガンですから、発見時には周囲のリンパに転移して、手遅れの状態でした。

 入院して何日目かのことです。彼の奥さんと担当医の先生が廊下で立ち話をしているのが聞こえてきました。
 奥さんの「うちの主人はどうなのでしょうか?」との問いかけに、担当医が答えた言葉が彼の耳にハッキリと聞こえました。「後、10日の命です」。

 「後、10日の命!」。彼の心に、何度も何度も、この言葉が響きました。その時、彼は自分のことは何も考えなかったといいます。妻の事。娘の事。かわいい息子の事。自分がいなくなってから困る家族の事を考えて、唇を噛み締めました。

 ・・・・(私は、この10日と言うのは、疑問があるのです。聞き違いではないかと思うのですが、しかし相当重篤な病状であったことは間違いないと思います)・・・・

 とにかく顔には出さなかったが、物凄い痛みだったと言います。彼には「後10日」という言葉を裏付ける為には充分な痛みでした。彼は、即座に決断しました。
 「家に帰ろう!家に帰って、残された日々を、家族と一緒に過ごそう!そして、父として、会社員として、これまでの自分のままで最期を迎えたい!」。こう固く決意しました。

 彼は、病院を退院しました。そして家に帰りました。そして家族と、彼なりに精一杯の一日一日を過ごす決意をしました。物凄い痛みを抱えて、会社にも出勤しました。通勤電車の中では気絶しそうなくらいの痛みだったそうです。
 それでも会社で机について仕事を始めた時は、言い様のない喜びがあったといいます。「後10日だ!」。「後10日だ!」。苦しい時に、何度も何度も自分に言い聞かせました。

 激痛が益々酷くなった10日目、彼は妻の背中を優しく撫でて、無言の別れを告げました。

 その夜は痛みで一睡もできませんでしたが、夜が明けて外が白みかけた時、彼はふと考えました。「待てよ!今日は11日目だぞ!1日儲けたではないか!」。そう考えたら、何故か嬉しくなってきました。
 その次の日も、その次の次の日も、毎晩心の中で、この世との別れを告げて、朝を迎えては、その喜びを心の底から感じて、全身で、全力で、喜んだと言います。

 彼はいつしか、『ガンはガン。俺は俺。』という、ガンの自分の中に、もう一人の元気な自分を作りあげてしまいました。そして激痛が、人事のように感じられるようになりました。気がつけば、1ヶ月が過ぎて、2ヶ月が過ぎていました。

 半年たったある日、彼は痛みがなくなっていることに気がつきました。
 彼は以前入院していた病院に行くことにしました。治ったとは思いませんが、お医者さんの制止を聞かずに病院を飛び出したお詫びと、今の身体の状態を、お医者さんに見て欲しかったのです。

 彼は病院に行き、入院していた時の担当医を訪ねました。お医者さんは、目を大きく見開いて、驚いた顔をしました。「Yさん、どうしたのですか?元気そうではないですか」。Yさんはニコニコ笑いながら答えました。「痛みがないのです」。

 この続きと解説は次回書きます。この話の中には、一見そうは思えないのですが、実は自然退縮の共通したパターンを見ることができます


Yさんは、この病院で入念な検査を受けて、ガンが消えたことが判明しました。いわゆる『自然退縮』です。

 自然退縮を知らない人もいらっしゃるみたいですが、ガンが治療とは関係なく、消える現象のことを言います。Yさんのようにお医者さんに検査しに行く人が少なく、正確なデータがありません。一説によると、ガン患者500人~1000人に一人起きるということです。
 今から20年くらい前に、NHKが「人間は何故治るか」というタイトルで、この自然退縮をテーマにした番組を放映しました。「幸せはガンがくれた」という本にもなりました。(創元社)
 私みたいな民間医療の場には、西洋医学で治らない人が沢山来ますから、こういう自然退縮の人にも出会います。私は、この自然退縮にずっと興味を持ち続けて、利用できそうな考えを、私なりに模索してきました。
 自然退縮学会というものもあるのですが、科学的なアプローチでは、何も分からないと聞きました。

 発ガン物質というのがあるように、私達が気がついてないだけで、逆にガンがなくなる食べ物もあるのです。ガンが消える何かのロジックが、科学ではない部分にあるかも分かりません。
 500年前の科学と今日の科学を比べて見て下さい。驚くほどの進歩があります。それなら今日の科学も、500年後の科学から見たら、幼稚で迷信だらけであるに違いありません。
 科学は無視してはいけませんが、完全ではありません。お医者さんから、「治りません」と言われても、希望を失ってはいけません。

 さて、自然退縮の人達とYさんの共通点を、私なりに探してみました。みんな何かのきっかけで、何かの幸運が重なっているのです。勘違いとか、思い込みとか、癖とか、そんなところにも注目してみたいと思います。
 
 Yさんは「後10日の命」だと言われました。確かにスキルス性の胃ガンは、乳ガンや肝臓ガンのような他のガンに比べたら、比較にならない程悪性度が高いです。でもYさんのように治るし、M市の市役所の職員にも自然退縮した人を私は知っています。同病の方は恐れることはありませんよ。
 ただ、Yさんのあの時の状態は、私は「後10の命」では、なかったような気がします。しかし彼は「後10日の命」だと信じたのです。これが彼の幸運でした。
 例えば、「後1年の命」と言われたならば、彼だって悩んだと思います。心の中は葛藤で埋まったと思います。
 しかし「後10日の命」と聞いて、彼は逆に、一切の葛藤も迷いも不安も、吹き飛んだのです。これは、自然退縮の人の共通点です。

 自然退縮の人達は、普通の人なんですが、何かのきっかけで、その人なりにこの病気について納得した人です。ガンを悟った人です。
 それから「ガンはガン、私は私」という、「ガンとは戦わず、ガンとは別次元の世界に生き場所を移した人」なんです。

 しかし、誰も、意志の力だけでは、そのような悟りは開けません。だから私は、それに代わる方法を色々考えて、他人にも自分にも活用して、確信を得ているものがありますので、現在闘病なさっている方の為に、これから書いてみます。この病気ではない人も参考にして下さい


人間って、そんなに強いものではありません。

柔道で、関節技をきめられて、ギブアップしない人は一人もいません。女性でしたら出産の苦しみを考えてみて下さい。あれは出産だから耐えられるのです。病気だったら耐えられるでしょうか?
学校で“いじめ”があります。子供がズタズタに傷ついた心の治療で、私の所に来ます。とても耐えらる心の苦しみではないということが、私には分かります。
高い絶壁の上に立たされて、平気な人はいないでしょう。不安や恐怖がずっと続いたら、誰だってノイローゼになります。

ガンという病気は、そんな身体と心の苦しみを、全てかき集めたような病気です。戦って、勝てる人なんか、この世に一人だっていません。
映画や小説は、人を感動させることが目的ですから、“ガンと戦って、その恐怖や、身体の痛みを乗り越える姿”を描くのです。しかし現実は違います。

ガンの苦しみに耐えられない自分のことを、悩む人がいます。私は100%勘違いしていると言い切ります。お釈迦様だって、キリスト様だって、ガンは耐えられない苦しみです。
でも、精神的な苦しみからは逃れる方法がいくつかあります。身体の痛みだって、試して欲しいことがいくつかあります。戦う術はあるのです。

まず、息を「フー」と吐いてみて下さい。肩の力が抜けることが分かります。

『ガンという病気は、固まろうとする病気なんです。身体や心がリラックスすることを極端に嫌がる病気なのです』。このことをよく覚えていて下さい。

息を「フー」と吐いて肩の力が抜けたら、ガン細胞が1個消えると思って下さい。

人間は息を吐きながらマイナス思考はできません。息を止めたり、息を吸いながら、マイナス思考をします。
息を「フー」と吐いて、息を吸うのではなく自然に任せて下さい。「スッ」と一気に息が入ることもあるし、「スー」とゆっくり息が入ることもあります。呼吸はファジーでいいのです。

不安恐怖が少しでも頭をよぎったら、息を「フー」と吐いて下さい。不安恐怖は、あなたを守る為にあるのです。「今、あなたに何かをして欲しい」というシグナルなのです。
そんな時、息を「フー」っと吐いて下さい。不安と恐怖がなくなるとともに、今のあなたに必用な生理的変化が起こります。

神様は、人間に、一つだけ意志で自由になる生理を与えました。それが呼吸です。呼吸で心をコントロールする事ができます。ヨガでは、呼吸で身体もコントロールします。

いつでも、息を「フー」と吐いて下さい。入るのは自然に任せて下さい。すぐに癖になって、夜寝ている間も、こんな呼吸に変わります。全身の力が抜けた状態の睡眠に変わります。これがあなたの生理を大きく改善します。

直接会っていただければウソでない事が分かるのですが、私には生まれつきの特殊な能力があります。
 気功がそうです。ある畜産獣医大学の付属病院で、動物に私が術を施して、学問の常識では説明がつかないことが起こって、先生方を驚かせたことがあります。
 それから患者さんの悪い臓器の経絡や経穴に私の指先が軽く触れると、自然に指先がポッと熱くなります。初めての患者さんはビックリします。
 “気”に対する特殊な感性があって、場所のエネルギーや物のエネルギーが敏感に感じ取れます。本屋さんに行って、解剖学の本が何冊も並んでいて、どれにしようかと迷った時、本の気で選びます。まず間違いなく、後で考えて一番適切なものが選べます。

 でも、私も人間ですから、能力には限界があります。間違いだってあります。そこで2つのことを、自分にいつも言い聞かせています。一つは「能力を善用すること」、もう一つは「能力に対して謙虚であること」です。

 もう随分前の話になりますが、私は部屋にこもって、気の研究をしていたことがあります。お経や祝詞の気。石や植物の気。神社や教会の気。ヒマラヤや宇宙の気。こういうものが、何か医療に役立てられないかと、研究に熱中しました。

 そんな中で、言葉のエネルギーに、特に関心を持ちました。言葉の意味と言葉のエネルギーは、違う概念です。言霊(ことだま)という概念が、言葉のエネルギーを指すものす。色々な言葉を紙に個別に書いて、その紙を手に持ったり胸のポケットに入れて、時間をかけて、エネルギーを入念に調べました。

 「南無阿弥陀仏」という言葉は、自我を小さくするエネルギーです。「植物」という言葉は、表現のしようがないくらいいいエネルギーでした。「喜び」という言葉のエネルギーは、無条件で嬉しくなるエネルギーでした。そんな中で、私は、ガンのエネルギーと拮抗するエネルギーの言葉を見つけました。それは「ありがとうございます」という言葉です。

 私はこれを科学としてとらえています。ガン患者の方に実験していただき、私自身が試して、痛みや病状が改善する現象を確認しました。
 これは感謝の気持ちとは無関係です。心の中が不平不満や憎しみの感情で溢れていても、全く関係ありません。
 この言葉を呪文のように唱えると、身体のあちこちの組織がゆるむのが分かります。「ガンは固まろうとする病気」と前回お話しましたが、この作用と拮抗するエネルギーです。

 肺ガンの人は、呼吸がし辛く、このことが不気味に思えます。この言葉を唱えていると気管が開いて呼吸が楽になります。お医者さんから病状の説明を受けて、不安で夜が眠れない人も沢山いらっしゃると思います。こういう人は、この言葉を唱えていると、不安が消えます。

 一つだけ注意して欲しい点があります。「感謝しよう」と思わないで下さい。そうすると心の中に葛藤が生まれて、逆効果です。この言葉を唱えていて、逆に「不平不満」や「憎しみ」の感情が沸き起こっても、そのままにしておいて下さい。
 ただただ、病気が治る為の呪文だと思って、素直な願望を「ありがとうございます」という言葉に託して下さい。その方が、良い結果につながります。



私が、ガンになった時、全身にダイナマイトをぐるぐる巻きつけて、火をつけて、木っ端微塵に身体を吹き飛ばしてやろうかと、何度も考えました。ダイナマイトが簡単に手に入ったら、本当にそうしたかも分かりません。それくらい苦しかったのです。一日中満足に呼吸ができませんでしたから。
 それに、死に対する本能的な恐怖が、一日中続き、自分を苦しめました。「誰かを殺したら、お前を助けてやる」と言われたら、そうしたかも分かりません。追い詰められた人間の心理って、そういうものなのだと思います。

 しかし、そんな自分を奮い立たせたものは、「こんな苦しみをかかえている人が世の中には沢山いる。その人達の為に戦ってやろう」と思った時、魂の底から物凄いエネルギーが沸き起こったことによります。それは自分でも信じられないような勇気でした。

 怖いのです。苦しいのです。くじけそうになります。しかし「同じ死ぬなら、前に倒れて死のう」。「進軍ラッパを吹きながら、一歩でも前に突き進んで、死のう」と思いました。その進軍ラッパが、この「ありがとうございます」でした。

 この言葉の唱え方にはテクニックがあります。同じことを朝から晩まで毎日続ける訳ですから、10分くらいすると嫌になります。だから私は、その対策をいくつか考えました。
 ①10分毎に姿勢を変えます。立つ、椅子に座る、横に寝るといった具合です。
 ②対象を変えるのです。「ただ、唱えるだけ」というのもいいと思います。次は、「目に見えるもの」、例えばカーテン、窓、椅子、机、そんなものです。それから「頭に浮かぶもの」。これは変なことがいっぱい頭に浮かびます。でも感謝とは関係なく唱えている訳ですから、いいのです。
 ③気分を変えるために、海や山に向かって唱えている自分の姿をイメージしたり、何処かの舞台に立っている自分の姿をイメージしたりしました。

 ④これはちょっとした発見でしたので是非試してみて下さい。講談社から「からだの地図帳」という本が出ています。ああいうものなら何でもいいと思いますが、身体の構造の図を見ながら、唱えます。
 胃とか肝臓、食道、脳、脳の中の細かい部分、血管、神経、皮膚のパーツに対して唱えます。
 これは効果がありました。これを始めてから身体が急激に変わりました。身体がゆるむのです。身体の中の部分部分が柔らかくなっていくのです。ガンが嫌がっているということがよく分かりました。
 
 私の最悪の状態は、2ヶ月間続きました。殆ど寝ていませんし、食べたものは、リンゴを刻んでヨーグルトかけたものが、毎日少しだけでした。
 それでも私は仕事をしていました。ガンの方の治療もしていました。私の治療で、ほとんど良くなられている人もいました。大腸ガンの手術をなさった方ですが、肝臓に転移していて、それが、お医者さんが首をかしげるくらい好転していました。だから私は仕事を止める訳にはいかなかったのです。「ガンがガンを治療するなんておかしい」と独り言の冗談をよく言いました。
 ガンが、悪化している人もいました。「先生、死ぬって、怖いですか?」と聞かれました。私はドキッとしました。「僕の方が先に死ぬのかも知れないのに」と思いましたが、「そんなことはないですよ」と答えました。
 しかし、この頃から、私がガンに勝てなくなりました。通って来られていた3人のガン患者は、3人とも急激に悪化しました。「助けてあげれなくて、ごめん!僕はもう限界だ!もうガンの治療はしない。こんな悲しい思いはしたくない。」と、心から思いました。

 仕事を終えて、私は夜は殆ど眠れませんから、私自身との戦いを一晩中しました。そんな私自身との戦いが始まって2ヵ月後、私は『ガンはガン、私は私』という不思議な気持ちになりました。症状はあるのに、私とは関係がないと思えるのです。これが私がよく言う『脳の中にある自然退縮のスイッチ』なのです。

 その日から、私は急速に良くなっていきました。私が良くなった原因の7~8割はこの「ありがとうございます」で、その7割が身体の解剖図を見ながらの「ありがとうございます」でした。


私は、多くの人に、この「ありがとうございます」の話をしてきましたが、どうしてもほとんどの人が“感謝”と結びつけて考えてしまうのです。
 もちろん物事や人に感謝することは、悪いことではないのですが、極端な身体の苦しみをかかえている人に対して、感謝をしなさい言うのは、酷です。
  死の恐怖に怯える人に感謝を言うのは、物凄く大きなストレスを与えて、さらに苦しめることになります。

 だから、私は念を押すのです。『私が、今言っている「ありがとうございます」と、「感謝」は全く違います。病気が治ったら、神仏や家族に感謝して下さい。しかし、今は病気を治さなければなりません。
 ですから、今は、「病気を治したい」という素直な気持ちを、言葉を変えて「ありがとうございます」と言って下さい。感謝しても感謝しなくても、「ありがとうございます」の言葉のエネルギーは、同じように身体に作用します。その事は、私が経験済みです。』と。

 ところが、こんな不思議なことがあったのです。私は、みなさんの頭を混乱させたくない為に、これまでに人に話したことはなかったのです。

 講談社の「身体の地図帳」を見ながら、「ありがとうございます」を唱えていた時のことです。ふと「こんなに多くの臓器が1秒も休むことなく、1年365日、私の為に働いてくれてたのか」。「心臓!腎臓!肝臓!血管!皮膚!脳の前頭葉!側頭葉!頭頂葉!後頭葉!」。「目だって、口だって、耳だって!鼻だって!」・・・・。
 この内臓に「ありがとうございます」を言い続けていたら、この内臓と、この内臓を動かしている神様に、大きな感謝の気持ちが生まれて涙が出て止まらなくなりました。その上、神様の大きな愛情が理解できました。

 それまでは、自分だけを愛してくれて、自分以外の人を愛さないような差別の上に成り立っているものを愛だと思っていたのですが、「神様の愛情はその差別のない愛なので、これまで感じ取れなかった。しかしあったのだ」と、この時素直な気持ちで理解できました。私は、何故か非常に満ち足りた気持ちになって「もう、何も欲しいものはない。死んでも満足だ」という気持ちになりました。

 身体って、生まれてから死ぬまで、ただの一度も「ありがとう」と言われないばかりか、ちょっとした不調があると邪魔者扱いされたり、嫌われたり、怒られたりして、それでも何も見返りを求めず、力の限り、私達の為に一生懸命に働いてくれています。
 私はこの事に気がつき、呼吸が満足にできなくなった肺に「僕が悪かった。もう決して君の事を悪く思わない。生まれてから今日まで僕の為に一生懸命働いてくれてありがとう。僕は100%君に感謝する。例え、今呼吸が止まっても、君に対する感謝の気持ちは変わらない。本当だ。」と言いました。

 実は、私はここ4年連続で、肺に影が映っています。全く心配はしていませんが、この気持ちは今も変わっておりません。

私は、時には科学を離れて、病気の原因を探ることがあります。

原因不明の腰痛で、半年間歩けない女子高校生がいて、私がその子の胸の上に「南無阿弥陀仏」と書いた紙を置いた途端に、痛みが半減しました。
 高校の女の先生が、修学旅行で生徒を引率して、多くの人が亡くなった戦地の跡を訪れた途端に、体調が悪くなって私のところに来られました。私がその方の背中から首にかけて手で払ったら、スッと不調が消えてしまいました。
 家族が入れ替わり立ち代り病気になったり、交通事故に会って来られるので、私は心配になって、その方の住まいのマンションを訪れました。部屋は3階にありました。私が「この下の部屋に、何か問題があるはずです」と言いましたら、「2階の部屋は何回人が入れ替わっても、警察沙汰の事件があって、1階の部屋は、このマンションのゴミ置き場になっている」という話でした。

 あまり気味のいい話ではありませんが、全くない話ではありません。深く解説はしませんが、対策だけお話します。

 この世で最上のエネルギーは、植物です。植物は全ていいのですが、そのエネルギーに強い弱いがあります。その中で、最も強いのは、かんきつ類、お茶、枇杷(びわ)です。

 この3つの中で、鉢として手に入りやすいのは“みかん”だと思います。これの幹でも枝でもいいですから、テレビでも見ながら毎日30分から1時間くらい触っていればいいと思います。これは邪なエネルギーを祓います。ガンに限らず、医学的に治らないと言われた方の3%くらいに、高い効果を現します。
 みかんの鉢は1500円から2500円です。鑑賞用としてもいいし、一家に一鉢あってもいいかも分かりません。私は、治療用として、必ず何鉢かは育てています。脳疾患や精神疾患などにも効果があるからです。室内を嫌いますので用が済んだら外に出して下さい。

 高いお金を払って気功治療を受けるよりも、ずっといいです。あんな上質なエネルギーを手から出せる人などいません。精神的な疲れをおぼえている人にもお勧めです。東京や大阪、名古屋のような都市部の、ビルの谷間で生活されている人にも、お勧めします。植物のエネルギーが欠落しているからです。

 実は植物に触れること自体が、立派な治療なのです。お百姓さんが、あんな重労働をしている割に元気なのは、植物のエネルギーをいただくからだと思います。
 みかんを試してみて、私はあらためて驚きました。実は目に見えない邪なエネルギーの被害を一番受けているのは、私達のような医療従事者です。

 次回は気功、霊術と、暫く話が科学から離れてしまいますが、こんな話が嫌いな人はご容赦願います。科学で解決しない病気の話は、どうしてもこんな話が多くなります。



気功には、太極拳のような“内気”(ないき)と、気功治療家による“外気”(がいき)があります。私は、元々は外気の治療家で、実績が全くない訳ではないのですが、色々なケースを考えて、ガンの方には内気をお勧めします。内気の方が治癒率が高いと思います。私が日記でご紹介した「呼気中心の呼吸法」や「ありがとうございます」も内気の一種です。

この二つに加えて、もう一つ推薦したいものがあります。私は一時、戦前の日本に流行した療術や霊術のようなものを調べたことがあるのですが、その中で、一つ非常に注目したものがありました。昭和初期に活躍した松原皎月(まつばらこうげつ)という治療家が考案した、『陽気吸収法』です。これも内気の一つです。

私はガンの方に、「入院する病院の中で、部屋が選べるのなら、日当たりのいい部屋にした方がいいですよ」と言います。健康な時には、その有難さが分からないのですが、病気になると、太陽の有難さが身にしみて分かります。あの明るさと暖かさは身体も心も癒します。メラトニンの産生に関係しますから、睡眠とか免疫にとっても有利です。
私の治療院名も、「太陽のエネルギーを、病気の人にいっぱい分けてあげたい」と思ってつけた名前なのです。私は、太陽のエネルギーは命の源だと思います。

「陽気吸収法」は、そんな私が飛びつきたくなるような療法でした。誰でも簡単にできますので、ここにご紹介します。

①晴天の早朝、東の方角にある太陽に向かって直立します。
②左右の足を30Cmほど開いて立ち、両手を前方に差し出します。
③両手の掌面を太陽に向けて、左右の親指と親指、人差し指と人差し指をくっつけて三角形を作ります。
④この三角形の中に太陽を入れて、口をすぼめてスゥーと太陽の光線つまり陽気を吸収します。
⑤陽気がお腹にいっぱいになったら、頭を下げて、地上にハァーと息を吐き出します。この時邪気が口から出ていきます。
※以上の動作を20回連続で行います。

私は、肺ガンになった時、呼吸ができなくて、死にたいくらい辛かったのですが、これを始めたら、すぐに呼吸が楽になりました。私と同じ悩みを持つ肺ガンの方に教えてあげたら、その方も楽になったと言って大変喜ばれました。

実は、この療法を考案した松原皎月(まつばらこうげつ)は、物凄い人気だったみたいです。多くの論文を書き残しておりますが、27歳の若さで亡くなりました。天才治療家でした。
これは肺ガンのみならず、万病に有効で、健康増進にもなると思いますので、一度はどんなものか試して見て下さい。

私はこの動作を20回を1セットとして、3セットくらいを晴れた朝おこないました。
フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » 太明堂さんの「がんが治った話」 ゲスト 2010-5-18 23:24
     Re: 太明堂さんの「がんが治った話」 ゲスト 2010-5-18 23:33
       Re: 太明堂さんの「がんが治った話」 ゲスト 2010-5-18 23:35
     Re: 太明堂さんの「がんが治った話」 ゲスト 2010-5-20 23:28

投稿するにはまず登録を